Conditioning

栄養の必要量

国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防のための栄養摂取量の基準を健康増進法に基づき、厚生労働省大臣策定したものが「日本人の食事摂取基準」です。
策定には国民の健康の保持・増進を図る上で重要な栄養素であり、十分な科学的根拠に基づいて望ましい摂取量の基準を策定できるものとしています。

摂取量の指標

  • 摂取不足の回避目的:「推定平均必要量」「推奨量」「(目安量)推定困難なもの)」
  • 過剰摂取による健康障害の回避目的:「耐容上限量」
  • 生活習慣病の発症予防目的:「目標量」

と区分して指標が構成されています。

推定平均必要量・・・特定の集団に属する50%の人が満たすと推定される摂取量
推奨量・・・特定の集団にて測定した必要量の分布に基づいて97~98%が充足している量
目安量・・・特定の集団において不足状態を示す人がほとんど観察されない量※十分な科学的根拠を得られず推定平均必要量の算出が困難な場合に使用
耐容上限量・・・健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の最大値と健康障害が発現したことが知られている最小値との中間値がベース
目標量・・・特定の集団において疾病のリスクや代理となる生体指標の値が低下が考えられる量

策定されている摂取基準

35種類の栄養素を年齢、性別、ライフステージ(妊婦・授乳婦、乳児、小児、高齢者)などに留意して策定されています。

摂取基準

たんぱく質の必要量

たんぱく質の食事摂取基準

ビタミンAの必要量

ビタミンAの食事摂取基準

ビタミンDの必要量

ビタミンDの食事摂取基準

ビタミンEの必要量

ビタミンEの食事摂取基準

ビタミンKの必要量

ビタミンKの食事摂取基準

ビタミンB1の必要量

ビタミンB1の食事摂取基準

ビタミンB2の必要量

ビタミンB2の食事摂取基準

ナイアシンの必要量

ナイアシンの食事摂取基準

ビタミンB6の必要量

ビタミンB6の食事摂取基準

ビタミンB12の必要量

ビタミンB12の食事摂取基準

葉酸の必要量

葉酸の食事摂取基準

パントテン酸の必要量

パントテン酸の食事摂取基準

ビオチンの必要量

ビオチンの食事摂取基準

ビタミンCの必要量

ビタミンCの食事摂取基準

ナトリウムの必要量

ナトリウムの食事摂取基準

カリウムの必要量

カリウムの食事摂取基準

カルシウムの必要量

カルシウムの食事摂取基準

マグネシウムの必要量

マグネシウムの食事摂取基準

リンの必要量

リンの食事摂取基準

鉄の必要量

鉄の食事摂取基準

亜鉛の必要量

亜鉛の食事摂取基準

銅の必要量

銅の食事摂取基準

マンガンの必要量

マンガンの食事摂取基準

ヨウ素の必要量

ヨウ素の食事摂取基準

セレンの必要量

成人の男女で、25〜30μg/日摂取が推奨量とされています。
上限量が定められており、推奨量の約13倍程度とされています。

クロムの必要量

クロムの食事摂取基準

モリブデンの必要量

モリブデンの食事摂取基準

【引用文献】厚生労働省(2019)「日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会報告書」