Head mark sm
尿を送るだけで栄養状態がわかるパーソナル栄養検査

VitaNoteとは

Vitanote package vector

VitaNoteでできること

VitaNoteは世界で初めて、栄養の過不足を測定可能にした検査サービスです。人それぞれ体格や遺伝、生活習慣などで異なる栄養吸収量に対して、パーソナライズされた摂取目標量を設定。
現在の食生活やサプリメントによる栄養状態を、15種類の栄養素ごとに評価します。自分の栄養状態を正しく知ることで、理想的な健康状態、身体能力の向上の実現を可能にします。

15種類の検査項目

たんぱく質

筋肉や皮膚、内蔵などの体組織をつくる、酸化されてエネルギー源になる、代謝を促すなど働きが多岐にわたる栄養素です。アミノ酸が結合してできたもので、体内で常に合成と分解を繰り返しているため、毎日しっかり摂る必要があります。

ビタミン7種類

ビタミンB1(チアミン)

皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。欠乏すると、風邪、骨の発育不足、壊血病などの症状が現れます。

ビタミンB2 (リボフラビン)

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。欠乏すると、口内炎、舌炎、皮膚炎などの症状が現れます。

ビタミンB3 (ナイアシン)

皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンです。欠乏すると、皮膚炎、下痢、神経障害などの症状が現れます。

ビタミンB5 (パントテン酸)

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。欠乏すると、食欲不振、脱毛、手足のしびれなどの症状が現れます。

ビタミンB6

たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。欠乏すると、口内炎、皮膚炎、神経障害などの症状が現れます。

ビタミンB7 (ビオチン)

皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。欠乏すると、食欲不振、皮膚炎、吐き気などの症状が現れます。

ビタミンB9 (葉酸)

赤血球の形成を助け、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。欠乏すると、巨赤芽球性貧血、胎児の神経管欠損などの症状が現れます。

ミネラル6種類

ナトリウム

ナトリウムは、カリウムと共に体内の水分バランスを調整し、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。欠乏すると、食欲不振、けいれん、筋肉痛などの症状が現れます。

カリウム

カリウムは、ナトリウムと共に体内の水分バランスを調整し、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。欠乏すると、筋力低下、脱力感、心電図異常などの症状が現れます。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。欠乏すると、骨粗鬆症、骨軟化症などの症状が現れます。

リン

リンは、骨や歯の形成に必要で、エネルギー産生を助けます。

マグネシウム

マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。また、多くの体内酵素の正常な動きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。欠乏すると、食欲不振、脱力感、筋肉の痙攣などの症状が現れます。

モリブデン

モリブデンは、各種の体内酵素の正常な動きを助ける栄養素です。欠乏すると、頭痛、頻脈、意識障害などの症状が現れます。

酸化ストレス

ストレスマーカー(8-OHdG)の量を測定し、体をサビさせる活性酸素酸化の体内の影響度合いをチェックできます。低く抑えることが望ましく、適度な運動や充分な休養、活性酸素の働きを抑制するビタミンCの摂取が効果的です。

自宅で手軽にできる尿検査キット

Photo vitanote kit 2

会社や学校の健康診断と同じ要領で自宅で尿検査ができるキット

Step 1
Steps 01

キットが届いたらユーザー登録と検査ID登録

Step 2
Steps 02

朝一に採尿したらポストに投函するだけ

Step 3
Steps 03

検査完了!結果をスマホ・PCで確認

マイページの機能

栄養バランスがひと目でわかる

Iphone scs 1

レーダーチャートで栄養バランスの傾向をチェック。チャートが星型になっていたり、差が激しい人は要注意。

栄養素ごとに数字で過不足がわかる

Iphone scs 2

事前の質問票回答で個人ごとに異なる目標量を設定。過剰か不足かが数字で具体的にわかる。

目標量はどのように決まっている?

「日本人の食事摂取基準2015年版」で年齢・性別・妊娠の有無によって摂取目標量が定められています。これは厚生労働省が栄養不足や過剰摂取による健康障害の予防を目的として定めたものです。目標量は体格や活動量によって変動するため、VitaNoteでは検査ID登録時に性別・身長・体重や妊婦or授乳婦、直近の運動内容・時間などを質問票に入力して頂き、その人ごとに算出した目標値が設定される仕組みになっています。

栄養素ごとに時系列で変化がわかる

Iphone scs 3

栄養素ごとの働きと食材のアドバイスを確認、時系列での結果比較もできる。

改善の結果がわかる

栄養改善の効果は実感しにくい

「不満」または「やや不満」と回答した人があげた理由

n=4,120(※複数回答含む)

体調が悪くなった(悪くなったと感じた)
2.3%
購入時に強引・執拗な勧誘を受けた
1.8%
期待したほどの効果がなかった
80.8%
高額すぎた
38.9%
安全性に関する情報の入手が難しかった
7.3%
有効性に関する情報の入手が難しかった
11.7%
その他
2.6%

消費者の「健康食品」の利用に関する実態調査(内閣府より)

栄養改善を目的としたサプリメント、利用者のうち42%は不満を感じ、その理由の81%が「期待したほどの効果がなかった」と回答。

効果が“見える”ことが重要

Before

Radar chart lacked

After

Radar chart filled

本来目に見えない栄養状態が“見える”ようになることではじめて食事改善やサプリメントの効果が確認できる。

栄養摂取量が測定できる期間は?

尿検査では採尿日前の3〜4日間の栄養摂取状況を測定できます。
普段通りの食生活・サプリメント摂取の状態を知ることが大切ですので、飲酒や食べ過ぎ、食事がとれない時も含めて正しく把握することを推奨しています。

テーラーメイドサプリメント

Link thumb vitanotefor

食事での栄養改善が難しい、忙しくて手が回らないという方には
検査結果から不足する栄養素を天然素材100%で配合するサプリも提供しています。

技術と信頼性

提供体制

ビタミンの栄養評価において多大なる功績を納めてきた滋賀県立大学の農学博士である福渡氏と、「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省)策定委員の一人である医師を中心としたユカシカド研究チームにより、尿中の代謝物解析から栄養摂取状態を把握することに成功。

Policy triangle

また「衛生検査所指導要領」に基づき精度管理や試薬、機器の管理を徹底しており、試料の受領、搬送、測定の流れを標準作業書に基づき日々管理運用し検査精度の確保に努めています。また、大学・企業・医療・研究機関と連携し新たな検査項目の可能性の追求を実施しています。

セキュリティ

検査結果などの情報は、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(厚生労働省)」に基づき以下の管理を実施すると共に、より厳格な独自基準で情報を管理しています。

  • 個人情報保護方針を策定し、公開
  • 個人情報を取り扱う情報システムの安全管理方針の策定
  • ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の実践
  • 組織的、物理的、技術的、人的安全対策の実施
  • 情報の破棄、情報システムの改造、保守の実施

他の検査・調査サービスとの違い

Photo analyst

食事調査では、摂取栄養量は分かりますが、食後の体内での状態は分かりません。また、血液検査では栄養の欠乏状態や疾病等体の異常は分かりますが、異常が起きる前の必要栄養素の過不足はわかりません。
一方尿検査は環境や体質などにより異なる体内の貯蔵力(消化・吸収・代謝・蓄積)と栄養の消費量を反映するため個人に必要な栄養摂取量を知ることができます。
また、他の検体と比べて採取する際に痛みを伴うこともなく、健康診断で行うのと同様に手間もほとんどかかりません。
病気を未然に防ぎ、健康でいるための日々の状態が細かく手軽にわかる点で優れた検査といえます。

栄養検査、栄養改善の意義

Prof fukuwatari

滋賀県立大学 人間文化学部 教授
福渡 努 博士(農学)

1994年 京都大学 農学部卒業
1997年 京都大学大学院 農学研究科 中退
1997年 滋賀県立大学 人間文化学部 助手
1999年 ハーバード大学医学部ジョスリン糖尿病センター客員研究員
2004年 メリーランド大学医学部メリーランド精神医学センター博士研究員
2009年 滋賀県立大学 人間文化学部 准教授
2014年 滋賀県立大学 人間文化学部 教授

日本アミノ酸学会 役員, 日本ビタミン学会 幹事, 日本栄養・食糧学会 代議員

生命活動を維持するために体内では数千もの反応が行われ、その多くがビタミンを必要とします。健康を維持するためには常に体内のビタミンやミネラル量を良好に保つ必要がありますが、これら栄養素の多くは、体内で合成できないため、食事から摂取しなければいけません。そのためには日々の食生活から栄養をどれだけ摂取できているか知ることが重要になります。
体内の栄養量が多くなれば尿中に多く排泄され、少ないと少ししか排泄されない原理を利用し、簡便かつ網羅的に栄養状態を評価できる方法の開発に成功しました。
継続的に体内の栄養状態を知ることで、正しい食生活のスタイルを理解し、健康的な生活を築くことが可能です。

検査キットを購入する