尿を送るだけで栄養状態がわかるパーソナル栄養検査

栄養検査とは

栄養検査は、尿中の化合物を解析することで栄養素の過不足がわかる検査です。

病気を未然に防ぐ、効率よく体力を高めることの実現

栄養素の過不足を知ることにより具体的な栄養の改善を行うことが可能になります。
自身の栄養状態を把握し、日々の食生活を改善することで生活習慣病の予防や運動能力の向上を実現することが可能です。

個人によって必要栄養摂取量は異なります

体内の貯蔵力(消化・吸収・代謝・蓄積)は、体格や遺伝的背景、生活習慣など様々な要因が影響し、栄養素(特に水溶性ビタミン)の必要量は個人によって異なります。

尿で栄養を解析する理由

食事調査では、摂取した栄養量は分かりますが、食後の体内での状態は分かりません。また、血液検査では欠乏状態は分かりますが、個人毎に必要な栄養素の過不足はわかりません。一方尿検査は環境や体質などにより異なる体内の貯蔵力(消化・吸収・代謝・蓄積)と栄養の消費量を反映するため個人に必要な栄養摂取量を知ることができます。